年収1000万円以上の製薬会社の薬剤師求人を探す!

年収1000万円以上の製薬会社の薬剤師求人を探す!

数ある薬剤師求人の中でも、製薬会社は年収が高い傾向にあり、高度なスキルが求められるものの、注目度の高いジャンルとなっています。ボーナスなどを合わせると、800万円以上の年収をもらっているケースが多く、平均年収が他の業種に比べると数割高い状況です。その中でも、1つの大台とも言える1,000万円以上の年収を稼いでいる人も多く存在していて、高収入業種の象徴と言えるでしょう。

1,000万円以上の年収が提示されている求人は、製薬会社の中でもある程度所属部門が限られてきます。雇用人数としては一番多いMRなどの営業部門では、基本収入だけで1,000万円を超えるというのは難しいでしょう。多くの場合、営業系の職種は営業成績に応じた給与体系が組まれていますので、営業の実績がない状態ではあまり高い年収とはなりません。しかし、かなりの実績を残せば、それがボーナスや、次の年の基本給に反映されることになりますので、1,000万円を超えることもあり得ます。この大台に乗るには、かなりの実績を残す必要がありますので、頑張りが必要でしょう。

一方で、開発、研究部門では実務経験と実績を持つ人に1,000万円以上の年収を提示することもあります。新薬開発の部署は製薬会社の中心部とも言えますので、その部門で高い評価を受けている人は、好待遇を受けても当然と言えるでしょう。また、科学的な見地から新薬開発戦略を決めたり、新薬についての分析を行う部署では、かなり高度な知識と判断能力が求められ、高度なスキルを持つ薬剤師のみが働くことができます。こうした部署で働けるのであれば、年収1,000万円もさほど珍しくないでしょう。もっとも、業務の内容はとても高度で重責を担うことになります。やりがいを感じることができますが、そう簡単な仕事ではないので給料に見合ったものだと言えるでしょう。

年収が高いとしても、多くの企業ではそれぞれの業績に応じた給料体系を適用していますので、もしあまり良い業績を残すことができなければ、ボーナスの支給額が下がったり、次年度の収入が安くなってしまうこともあります。常に努力とスキルの向上が求められる世界と言えるでしょう。特に外資系の製薬会社では、シビアな人事評価をする傾向がありますので、実力主義という世界の感覚に慣れておく必要があるでしょう。こうしたことも考えて、キャリアアップの会社選びをする基準と良いでしょう。

年収1000万円以上の製薬会社求人は転職エージェントで!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら