製薬会社で働く28歳の薬剤師の年収相場は!?

製薬会社で働く28歳の薬剤師の年収相場は!?

たくさんの種類がある薬剤師求人の中でも、製薬会社の求人は常に高い人気が集まっています。薬剤師としての資格を生かして新薬の開発に携わり、多くの人の命を救うことに貢献できるというやりがいとともに、高収入、充実した福利厚生などが理由となっています。薬剤師は専門資格を持っているため、他の業種より全体的に高給与となっていますが、製薬会社はその傾向が強いのです。

28歳の薬剤師であれば、800万円くらいが年収相場ですが、1,000万円弱の収入を得るということも珍しくありません。もちろん、製薬会社は実績がかなり重視される傾向にありますので、実績によってこの年収もずいぶん変わってきます。特に外資系の製薬会社であれば、しっかりとした業績を示せば、高収入を期待することもできます。また、製薬会社と一口に言っても、薬剤師が働いている部門はいろいろあり、その部署によっても年収は異なるでしょう。管理的、また経営にも参画するような統括部門にいるのであれば、より年収は高くなる傾向にあります。とはいえ、博士課程を出ているような高学歴の薬剤師がこうした部署を占めることが多いので、自分のスキルで対応できるかどうかを考える必要があるでしょう。

また、研究・開発に直接携わる部門では、統括部門に比べると水準は下がりますが、十分高い年収を期待できるでしょう。特に結果を出しているチームにいるのであれば、その待遇はさらに良くなります。また、薬事法などの法務関連の部署も、その専門性の高さから年収が高い傾向にあります。一方で、営業系の部署にいる場合は、開発系の部署よりも年収水準が低くなります。完全実力主義を採っているところでは、業績いかんで相当の年収差が出ますので、頑張りがいがあるでしょう。頑張りが直接給料にも反映されやすい部門ですので、年収アップという目標を掲げて働くのも良いでしょう。

全体的に製薬会社は年収が高めの傾向が強いですが、実績を上げ続けなければいけないという面もあります。外資系の企業などでは、契約内容によっては年収が年によって相当の差が出てくることもあります。常に勉強を怠ることなく、自分のスキルを磨き続けていくように努力しましょう。製薬会社への転職を考えているのであれば、単に年収が高いというだけでなく、どのように年収が決定されるのかを見るために契約内容をしっかりと確認する必要があります。高いモチベーションを維持できるように、条件の良い企業を選ぶようにしましょう。

20代向けの製薬会社の求人ならココで探そう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら