製薬会社の薬剤師の採用

製薬会社の薬剤師に採用されるには!?

製薬会社の薬剤師として一番採用機会が多いのはMRです。MRとは医療情報担当者のことです。何を役割として担っているのかというと、自社製品の品質や有効性、さらには安全性などの情報を医療機関に伝える役割を指しています。薬物治療のアドバイザーという役割です。納入先と触れ合うことが多いため、営業マンとしての役割も期待されたポジションになります。薬剤に関しての知識に加えて対人能力やトークスキルも求められるフィールドになっています。

さらに、薬剤師として関わる薬事業務としては新薬の添付文書の作成、関係する機関との折衝などを担当することもあります。新薬を承認してもらう際には承認を得るためのプランを練ることが必要になることもあり、総合的なポジションと捉えても問題ありません。製薬会社で採用されるためにもっとも機会が多いポジションであり、新薬が医療現場で用いられた際の調査を担当する市販後調査というポジョンやより研究よりの学術担当と比較すると募集も多くなっています。製薬会社を志す場合はまずMRを検討することが最短ルートといっても過言ではありません。

採用されるために必要な要素としては、資格と専門知識を有していることは大前提になりますので、そこが基準になることはほぼありません。製薬会社としてのビジネスを取り扱うに相応しい能力を備えているかどうかということが問われます。一般企業の採用基準に近いものがあると捉えることが正しく、対人能力や情報伝達能力、仕事に必要なソフトなどの基本操作能力が問われることもあります。

中途の場合でも未経験OKという求人も多々あり、薬局での接客経験などをアピールして対人能力が認められるケースもあります。面接については一般的な企業と同様で複数回に渡ることもあり、動機や希望についても的確に応えることが求められます。一般的な転職活動の際に行う面接トレーニングや職務経歴書の整理が必要になる局面もあり、個人で挑むよりも誰かにアドバイスを受けながら求職活動をした方が有利に進めることができます。

最適なパートナーは転職エージェントで、製薬業界とのパイプも太く、求められている人材についての理解も深く持っています。求人元よる面接傾向や面接官のタイプについても事前に教えてくれることも多く、年収などの条件に関しても希望を叶えるために奔走してくれるとても頼もしい存在です。まず登録して相談するところから始めるがベストです。

製薬会社に採用される近道は転職サイトの利用!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら