製薬会社の薬剤師の平均年収

製薬会社の平均年収

薬剤師の資格を取得した方々が就職先として選ぶのは、やはり薬剤師の専門性を活かせるところが多いようです。一般的に調剤薬局、ドラッグストア、病院などが挙げられます。こうしたところで働く薬剤師は医師の処方通りに薬を調合する調剤業務が主になります。しかし薬剤師の就職先は調剤業務を行うところばかりではありません。そのひとつが製薬会社です。製薬会社も薬剤師の就職先として根強い人気があります。

製薬会社での業務にはさまざまなものがあるのですが、調剤とはかなり異なる仕事内容となります。新薬の研究や開発、そして学術やMRが有名なところでしょうか。MRとは簡単に言うと営業の事で、自社で開発された新薬を医師や医療機関で使用して貰えるようにアプローチする仕事になります。実はこのMR、薬学部卒ではなくても採用されるんです。文系の大学を出ていたってかまわないんです。それじゃあ薬剤師の資格なんて必要ないじゃんと思う方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。医師や医療機関に新薬の説明を細かく行なうMRの仕事は、薬に対する知識が豊富な方が当然良く、実際、薬学部を卒業しMRとして働いている方も大勢います。

MR含む製薬会社の平均年収は、実はかなり良いです。大きな製薬会社などですと平均年収が1千万を超えています。調剤薬局などに勤めている場合、年収1千万円を超える人は本当にごく一部なので、これは大きな差ですよね。将来的な年収アップを見据えて、製薬会社への転職を考えている人もいると思います。興味のある薬の事ですし、年収が上がるのならば早い内に転職しておきたいと思うのは間違っていないと思います。寧ろ正しい判断かもしれません。

大学院を卒業している薬剤師さんなどは、製薬会社の研究職に挑戦してみるのも有りでしょう。MRなどに比べ募集人数も少なくなりますし、人気の職業ですからライバルも多く大変な部分もあると思いますが、一度就職出来たら安定した生活を送れる事間違い無しですし、やりがいも非常に大きいと思いますよ。研究職や開発も平均年収は高水準です。

また、医薬品はどの時代も必ず必要とされるものです。どんなに不景気になったとしても、お薬が必要ないとされる事はありません。私達が健康的で元気な生活を送る為に必要不可欠なものだからです。そう考えると製薬会社の平均年収が思いきり下がるという可能性も低いですし、安定した職場を求める方にはおすすめだと思います。

年収アップを目指すなら転職サイトの利用が近道!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら