製薬会社のコールセンターの薬剤師求人をお探しの方へ!

製薬会社のコールセンターの薬剤師求人を探す!

製薬会社のコールセンターは、実際にその医薬品を使用する方と直接触れ合うことができる貴重な接点です。臨床試験などでは得ることができなかった使用感に関する情報を収集できる窓口として、また利用者からの深い信頼を得るためのサポート窓口として、各製薬会社ではとても重視しています。電話での服薬指導を行うケースも多いので、薬剤師資格を必須にしている製薬会社も多く、また入電してくる顧客側も電話の相手が専門家であるということを前提にしていることも多いため、実際に薬剤師でなければ務まらない局面も多いです。

コールセンターでは当然のことながら、薬剤師としてのスキルや知識に加えてコミュニケーション能力が問われます。ただ、履き違えてはいけないことは話す能力ではなく、聞く能力の方が問われるという点です。あくまでもコールセンターでは電話を受けることが前提です。相手、つまり顧客は話したいことや伝えたいことがあって電話をかけてきています。コールセンター業務で対応する相手は基本的に話したいので、それをしっかりと聞く姿勢が大切になります。

能動的に電話をかけようという気持ちになるということは、相応の何かを抱えています。一般的にはクレームなどが多いイメージを抱きがちですが、製薬会社では純粋に服薬に対しての不安から入電してくる例も多々あります。そのような場合は電話の向こうの顧客の不安を如何にして解消するかということを最優先で考える必要があります。

医薬品に対しての飲み合わせ、食べ合わせなどの相談もありますが、近年増加しているのは健康に対しての相談です。高齢の方からの薬を中心にした相談も一定件数発生している状況です。コールセンターでの実務を通じて、医薬品に対しての一般的の方の理解度や抱いているイメージ、さらには誤解に関しても実感を持って理解を深めることができるので、その先のキャリアにとってとても有益です。

正社員として働く方も多いですが、派遣や契約といった形態での就労も多いです。シフト制であることが多く、スケジュールに関して予定を立てやすいというメリットもありますので、家庭と両立させながら働く女性も多くなっています。将来本格復帰する時に備えて、薬剤師としての勘を鈍らせないという目的で働く方も多く、資格を無駄にしたくないというニーズをしっかりと受け止めることができる仕事です。話すのが苦手ということであっても問題ないケースが多く、聞く姿勢を身につければしっかりと勤めることが可能です。

製薬会社のコールセンター求人は転職エージェントで!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら