製薬会社の開発職の薬剤師求人

開発職の求人

薬剤師の資格や経験を活かして働ける職種の中に製薬会社の開発職があります。製薬会社の求人では研究職に次いで狭き門と言われる開発職ですが(人気が高い)、未経験OKの求人もちらほら見る事が出来ます。

しかし未経験OKだからと言って誰でも良いという訳ではないようです。応募資格欄には看護師や薬剤師、臨床検査技師の経験者である事と書かれている事が多いですね。医療機関で活躍する事の多い製薬会社の開発職では専門的な知識を必要とするので、やはり医療の分野に精通している方を求める傾向にあるようです。特に薬剤師は薬に関しての知識は豊富ですから、熱意があれば雇って貰える可能性は高くなると思います。

製薬会社の開発職は研究職と同じような事を行なうのではないかとイメージしている人も多いかもしれません。白衣を着て試験管を持って研究室に篭って…そのようなイメージを強く持っている人も中にはいるかもしれませんが、製薬会社の開発職はそのイメージと全くかけ離れています。実験室で研究を行うのは研究職の方々だけです。勿論企業によって異なる部分もあるとは思いますが、開発職の方々が担当するのは主に"治験"の時、つまり被験者(患者)に新薬を試す段階が製薬会社の開発職のテリトリーになる訳です。

具体的に製薬会社の開発職の仕事を説明します。まず、開発職の方々は白衣では無くスーツに身を包んで、全国各地の病院を飛び回る事が多くなります。とても出張の多い職種です。臨床試験(治験)というのは、医師にしか出来ない事です。薬の投与や血液の検査は全て医師に任されます。開発職の方達はその医師のデータを回収したり、医師に治験のお願いをする役目を持っています。自らが実験を行なったりする事はありません。事務的な作業も多くなります。

こう書くとイメージと全然違った…と、ショックを受ける方もいるかもしれませんが、製薬会社の開発職はやりがいも非常に大きいです。製薬会社、医師、被験者、その全ての中心に立ち"治験"という重要な事柄を任されます。責任も重いですしコミュニケーション能力なども必要になってきますが、新薬が世に出る為には必ず必要な大切な作業です。更に製薬会社の開発職は求人を見て頂いてもわかるように給与も良いところが多いです。現在薬剤師として働いている方は、開発職に転職をする事で年収アップを期待する事も出来ますよ。

もし少しでもチャレンジしたい気持ちがあるのならば、薬剤師専門の転職支援サイトなどで、相談してみてはいかがでしょうか。

開発職の薬剤師求人をお探しならココで探そう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら