製薬会社のプロダクトマネージャーの薬剤師求人をお探しの方へ!

製薬会社のプロダクトマネージャーの薬剤師求人を探す!

製薬会社が新しく開発した医薬品も、ただリリースするだけでは意味がありません。出したからにはしっかりと選択してもらう必要があります。プロダクトマネージャーは開発した医薬品がしっかりと活用してもらえるように販売戦略を立案したり、実際に利用する予定の医療機関や医師などに情報を提供したり、さらに治療現場の情報を収集するなどして自社の製品にフィードバックすることが仕事になります。仕事の内容としてはMRの発展形、上位職として位置しています。

自社製品に関して学会などで研究結果を発表する段取りを行うこともあり、社内各部門との連携をしっかりと行う必要がある立場です。マーケティング的な観点も求められていて、今後どのような分野で新薬を出していくべきなのかということをしっかりと見極めていくということも必要になります。製薬会社が企業としてどのようなところに舵を切るべきなのか、それを実現するためにはどのようなアプローチが必要なのかということを企画立案して、実行に移すことになります。

また、近年では新薬の認可を得る際に日米欧で同時に認可を受けることも多くなっていて、海外との連携が欠かせない局面も増えています。専門的なやりとりを海外の研究者などとやりとりすることが多いので、自然と語学力に関して高いレベルで求められる立場になっています。このようにして捉えるとただ薬剤師としての資格があるということだけではなく、ビジネスマンとして、薬学に関わるものとしての総合的なポテンシャルが求められるという仕事です。

プロダクトマネージャーを目指すためにはまずはMRとしての経験を重ねることが望ましいとされています。最前線で情報を収集するMRの仕事を理解したり、その内容がこなせたりするということが大前提になっていることも多く、実際にMRの活動を取りまとめることも多いので、切り分けては考えることができません。逆にMRとして十分に経験を重ねてきたという方にとっては狙いたいポジションでもあり、目指している方がとても多い仕事です。

転職してプロダクトマネージャーになるためには、即戦力であることが重要になってきます。入社してすぐプロダクトマネージャーとして活躍できる人材は一般募集では見つからないだろうと考えている製薬会社も多いので、求人情報自体は転職エージェントが抱えていることが多くなっています。自身のキャリアと照らしあわせてチャレンジしたいと考えている方は、積極的に担当のコンサルタントにアピールすることが大切です。

製薬会社のプロダクトマネージャーの求人は転職エージェントで!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら