製薬会社の品質管理の求人

品質管理職の求人

製薬会社の仕事には品質管理というものがあります。医薬品だけではなくどの商品にも品質は求められるものですが、私達の健康に直接関わる医薬品は特に品質管理を徹底しなければなりません。飲んで体内に入れたり、皮膚に直接塗るような医薬品も沢山ありますからね。何か事故が起こってからでは遅いのです。

薬に対しての専門的な知識がある薬剤師は、製薬会社の品質管理職になるという道もあります。薬剤師を求める声も非常に多いですし、実際に品質の管理を行う上で非常に役立つ資格でもあると思います。ひとつひとつの製品の品質に責任を持ち、納得のいく管理を行なっていく仕事って素敵ですよね。

医薬品の製造や品質にはGMPという法律があります。GMPとは、GoodManufacturingPRacticeの略で、1938年にアメリカの食品医薬局が定めた医薬品等の製造品質管理基準です。日本では薬事法に基づいて厚生労働大臣が定めた、医薬品等の品質管理基準の事を言います。製薬会社が医薬品を製造する時にはこのGMPを順守しなくてはなりません。薬剤師が製薬会社の品質管理職に就く時は、GMPに沿って製造が行なわれているかという管理や監督もしていきます。

原料や資材についての確認、新しい製品の立ち上げ、工程のトラブル対応、更にお客様からの問い合わせなどにも対応する事があります。さまざまな部分に気を配り細かなチェックをし、安全で高品質な医薬品を製造し続けていく事が品質管理職の役割です。

製薬会社の品質管理職では英語のスキル等もかなり重要視されます。薬剤師の資格を持ちTOEICの点数も高いなんていう方は、就職・転職においてかなり有利に活動する事が出来るかもしれません。品質管理職の求人を豊富に揃えている無料エージェント等を利用して、専門のコンサルタント等に相談をすれば、未経験でも条件の良い求人に応募する事が可能かもしれませんよ。

また、製薬会社の品質管理職はメーカー勤務となる為、かなり安定した将来が保証されています。製薬業界は不況の影響を受けづらいと言われているので、待遇も良い所が多く、勤務年数が長くなればなるほどお給料もどんどん上がっていきます。調剤薬局などと比べると、最初はメーカー勤務の方が少なかったりするようですが、将来的には逆転する事も多いようです。薬剤師不足が叫ばれ超売り手市場と言われている今が転職の最大のチャンスかもしれません。

品質管理職の求人ならこのサイトで検索!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら