製薬会社の接待

製薬会社の接待について

営業職と聞いて連想する中のひとつに"接待"がありますよね。本来はお客さんをもてなすという意味のある言葉ですが、日本においては企業の営業が取引先をもてなすという風に使用されている事が多いです。美味しい料理を食べに行ったり、休日にゴルフに行ったりというのが接待の定番(?)というイメージがありますよね。営業職に就いてゴルフを始めるようになったという方も多いと思います。

製薬会社にも"営業"の分野を担当する方々が居ます。それがMRです。MRは製薬会社の医療情報担当者(メディカル・レプレゼンタティブ)で、医師に自社製品についての副作用やその他情報を提供し、更に医療現場の意見や現状を吸収して新薬の開発に役立てる等の役割を担います。医薬品に関する専門的な知識を持たねばいけない為、薬剤師の資格を持った方もMRとして大勢活躍しています。

一般的な営業とは多少異なる部分もあるのですが、基本的には自社の製品を使用して貰う事が重要なポイントになります。ここは同じですね。営業職としては当たり前ですが数字を求められる事もあります。製薬会社は大手企業や有名企業も多く、また、あまり成分に差が無い競合性の高い医薬品などもあるため、接待の重要性は高めだと言えます。しかしその製薬会社によって頻度などにはかなり差があるようですね。一般的に外資系よりも国内系の企業の方が接待の頻度は高いと言われています。

相手が医者という事もあり、製薬会社の接待の豪華さはかなり凄いという噂もあったりします。どこの企業も自社製品を使用して貰う為に色々と策を練っている訳ですね。接待と言うととても大変そうなイメージを持つ方も多いと思いますが、人付き合いが好きだという薬剤師さん等は逆に楽しめる事も多いと思いますよ。お医者さんの中には本当に気の合う人も居ると思いますし、そういう方とだったら休日のゴルフだって美味しい料理屋さんだって楽しめますからね。その事で信頼関係が高まり、更に多くの製品を使用して貰えたら万々歳です。お給料も良いですし、やりがいも感じられるのではないでしょうか。

しかし最近では製薬会社の行きすぎた接待に規制をかけたりもしています。接待の頻度で製薬会社を選びたいという薬剤師さんは、専任のコンサルタントがいるような転職支援サイトを利用して、相談してみてはいかがでしょうか。情報誌などでは知る事の出来ない部分をしっかりリサーチしてくれているところも多いんです。

製薬会社への転職ならエージェント利用が近道!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら