製薬会社の薬剤師の退職金

製薬会社で働く薬剤師の退職金はどれくらい!?

製薬会社によって退職金の制度が異なります。外資系の製薬会社であれば基本給が高い水準になっていて、退職金は低めという場合もあります。それは薬剤師であっても一般職であっても差はありません。各企業の制度をしっかりと調べることが大切なことではあるのですが、退職金の計算がどの部分を基準にしているのかということには注意が必要です。どの企業であっても受け取る給与の中には手当というものが含まれます。都市部で勤務している方に対しては都市勤務手当、子どもがいる方に対しては養育手当などの名目で出されています。

それらを合算して月の給与になるわけですが、薬剤師という資格に対して手当が加算されている場合、しかもその手当が給与の中で占める割合が高い場合、少し注意が必要です。退職金の計算が手当を除く基本給に対して行われているものである場合は、得ている収入に対して退職金が少なく感じられることもあるからです。もしそうではなく、年次に対して一律に設定されている場合は問題ありません。

医療関係に従事している方であれば多少なりとも社会保障の先行きに対して不安になることがあります。現在現役で働いている30代や40代の世代が引退するころには、現在よりも社会保障が崩れてしまっている可能性もあります。老後を安定して過ごすためには3000万ほどの蓄えが必要だと言われているのが現在ですが、これが10年も経てば4000万や5000万必要だと言われる社会になるのがほぼ見えています。

高齢者が増えていくなかで、現役世代が負担すべき医療費は増しています。それらが自身が高齢者になった際、現在の少子状態では賄えないのでないかということは容易に想像がつきます。そのようなことを考えやすい環境でもある製薬会社では、一般企業と比較すると退職金に対しての仕組みが充実している傾向があります。入社前に仕組みを把握しておきたいと考えている場合は、転職エージェントなどを経由して情報を得ることが得策です。

すでに情報を掴んでいる場合もありますし、持っていない場合でも上手く求人元から聞き出すノウハウを有しています。長く勤めるつもりであるのであれば気にしておくべき項目であるともいえますので、あらかじめ調べて納得した上で応募するのはとても大切なことです。自身の将来設計に加えて、しっかりとその会社を吟味するための材料にもなりますので、気になった場合は遠慮せずに転職エージェントに確認するようにすることを推奨します。

退職金が充実している製薬会社の求人ならココで探そう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら