製薬会社の薬剤師の待遇

製薬会社で働く薬剤師の待遇はいいのか!?

製薬会社の薬剤師の待遇は他の職場とは違い、自身の力で給与を上げていくことができる余地が多分にあるものになっています。薬剤師が働く職場として考えられるのは医療機関、調剤薬局、ドラッグストア、そして製薬会社が考えられるのですが、その中で初期年収が高いのは医療機関と製薬会社です。新人でも相場は400万ほどであり、一般企業でも大手レベルの水準といってもいいレベルにあります。製薬会社はこれに加えて営業手当のようなものがつくケースがあります。

薬剤師に対して営業手当は少し違和感があるものと捉える方も多いのですが、製薬会社の薬剤師募集で多いのはMR職という各取引先と接する機会が多いポジションです。担当するのは新薬の承認に関する手続きやその立案、さらには添付書類の作成といった薬事業務に加えて取引先を巡るというものも含まれます。もっとも重要なのがこの営業的な役割で、既存ルートに対して新しい製品の導入を進めるなどのミッションを背負うことが多いです。

製薬会社の薬剤師がもっとも多く担当するそのようなMR職は成果主義であることが多く、新製品を多く導入することができれば評価が上がるような仕組みを採択しているところも多いです。ただ製薬会社の営業を行うためには特段薬剤師の資格が必要なわけではないのですが、相対する取引先は医療機関や薬局など、専門性の高い相手です。自然に薬剤に関しての知識や医療に関しての知識が求められる局面が増えることになります。そのため、製薬会社の製品を拡大するための営業担当にも薬剤師の資格が重用されるということになっています。

福利厚生的な面では各企業が揃えているものと等しいですが、実際には同じ営業職でも薬剤師の資格を持たない方とくらべて資格手当てなどが付く場合も多く、資格を有する場合と資格がない場合では待遇に差が出ることになります。就労環境についても一般的な企業と同様になりますし、賞与や昇給のシステムもしっかりとしていることがほとんどです。

社会的に担う責任が大きい製薬会社で働くのですから、その責任に見合うだけの報酬は確保されていますし、有給の消化などもドラッグストアの販売員と比較すると現実的です。それでいて頑張れば頑張った分だけ収入に直結するシステムがあるなど、薬剤師という資格を活かして高い収入を得やすい環境になっていますし、安定性にも優れています。キャリアプランの到達点として製薬会社での出世をイメージしている方も多いほど、条件が良い待遇と捉えて間違いありません。

好待遇の製薬会社の募集を探すなら転職サイトがオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら